*

第25回:EAに指値注文、逆指値注文でエントリーさせる

公開日: : FX自動売買開発 , , , ,

EAに指値注文、逆指値注文でエントリーさせる記述

これまでには決済で指値注文、逆指値注文をしてきましたが、今回はエントリーにおいて指値注文、逆指値注文を行います。これによりエントリータイミングをずらしたり、トラリピ、マーチンゲール、ドテン、ピラミッティングなどのロジックが可能になります。

予約注文の方法は、これまでにOrderSend関数で書いてきたOrderTypeをOP_BUYからOP_BUYSTOP、OP_BULIMITにするだけです。(OP_SELLの場合は、OP_SELLSTOP、OP_SELLLIMIT)
また、価格は現在値から離して注文しなければならないので、その点にも注意しましょう。

現在のレートから10pips上に逆指値の買い注文を入れる

これまでの下記OrderSned関数を元にエントリーを成行注文から逆指値注文に変更します。

オーダータイプとSL,TPを適当な値に変更します。

SLとTPがエントリー想定価格からの幅になっていることに注意してください。予約注文の場合、現在のレートから近すぎる値で予約注文を出すとエラーになることがあります。(この幅は業者によって変わります。)

予約注文が可能な現在からのレート幅を求める

予約注文が可能な最小の現在からのレート幅を”ストップレベル”と言います。業者によってはこのストップレベルが0のこともありますが、大きい業者では5pips程度のこともあります。

EAにこのストップレベルに関する条件を組み込んで行いと、業者によって使える場合と使えない場合がでてきます。ストップレベルの参照は、

で参照可能です。
ストップレベルを予約送信前に組み込むには、2つの数値の内、大きい方の数値を返すMathMaxを使います。

数Aと数Bの内、大きい方を返す。

とすれば、ストップレベルが10pipsよりも小さい場合には10pipsが返り、ストップレベルが10pipsよりも大きい場合にはストップレベルが返ります。
先ほどはただ単に、

としましたが、

とすることで、ストップレベルが大きい場合でもエラーが出ずにオーダーが送信されます。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

【MT4MT5】チャート上にWEBサイトの情報を載せる その1

オンラインの情報をトレードの判断に使う、というのは至極まっとうな考え方だと思います。 日経が為

記事を読む

週明け窓埋めロジックってどうなの?

FXの中でも有名なトレード手法として、 窓埋めロジックというものがあります。 株の場合は、窓

記事を読む

トレード履歴からEAを復元することは可能か

「優秀なトレード履歴からEAを復元することはできるか」 という問い合わせをたまにいただきます。

記事を読む

第14回:MarketInfoでスプレッドを取得する

MarketInfoという情報屋 MQLではスプレッド、口座通貨、ストップレベルなどを取得する際に

記事を読む

第16回:EA内で日本時間を作る

サーバー時刻のEAの演算を日本時刻にする MT4の時刻は多くの場合日本時間ではなく、 サーバーが

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

APIを使ったアルトコインの自動アービトラージ

国内の取引所ではAPI取引でビットコイン以外をトレードできないため、ア

→もっと見る

PAGE TOP ↑