*

第22回:チャート上にデータを表示させる

公開日: : FX自動売買開発 , , , ,

MT4のチャート上にデータを表示させる

Comment()という関数を使うとビジュアルモードのバックテストの際や、
ライブトレードの際にチャート上にコメントを表示させることができます。

例えば、

と書けば、

comment_Sample_1

のように左上にテキストが表示されます。

これを使えば簡単なデバッグ(プログラムが正しく動いているか確認)することができます。

※MT4には他にもPrint()というエキスパートタブ、操作履歴にテキストを残す関数もありますが、
こちらはログがすぐに消えてしまったり、
処理が遅かったりすのであまり推奨しません。

テキスト同士は+でつなぐことができ、また、+”\n”+を入れることで改行することができます。

とすれば、

comment_Sample_2

のように改行されます。

チャート上に口座情報を表示させる
口座の情報を表示する関数とComment関数を使えば、下記のように口座情報を表示させられます。

comment_Sample_3

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第6回:オーダーに条件をつける IF文

ここではオーダーを送信する前に条件文を挿入します。 条件の書き方 前回までには、「新規ポジシ

記事を読む

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その⑧ラスト

意外と長い記事になってしまいましたが、今回でコピーツールの開発は終了です。 最後のソフトだけ欲しい

記事を読む

ニューラルネットワークと自己最適化

MT4のEAから外部ライブラリALGLIBを呼び出し、 多層パーセプトロンを利用して、 自己最適

記事を読む

第15回:OrderModifyで損切り、利確注文を出す

SL,TPをEAから送信する ここでは ポジション取得時に損切りと利確を同時に送信するMQLプロ

記事を読む

第16回:EA内で日本時間を作る

サーバー時刻のEAの演算を日本時刻にする MT4の時刻は多くの場合日本時間ではなく、 サーバーが

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

APIを使ったアルトコインの自動アービトラージ

国内の取引所ではAPI取引でビットコイン以外をトレードできないため、ア

→もっと見る

PAGE TOP ↑