*

第20回:複数のポジションを識別・判別する

公開日: : FX自動売買開発 , , , ,

口座内の異なる通貨ペア、マジックナンバーのポジションを区別する

MT4では同時に異なる種類のポジションを持つことができます。

それゆえに決済の際にはどのポジションに対する条件なのかを明確にしないと、
ドル円でとったポジションをユーロドルの条件で決済してしまう、
なんてことになります。

これまでに使ったOrderSelect, for文を使ってポジションを区別します。

上記は現在もっているポジションの通貨ペアとマジックナンバーでポジションを識別します。

一度PositionAmountという変数にポジション数を入れます。直接

と書いてしまうと、
for文で繰り返し処理をしている最中にOrdersTotal()の数が変わってしまうことがあり、バグの原因となります。

これはもっているポジションの数だけ下の判別処理をすることを表します。OrderSelectが0から始まるので、int iも0から宣言します。

オーダーを選択し、
それぞれの情報がマッチするかを調べます。

オーダーを送信する際にマジックナンバーを固定にせず変数に格納しておけば、
1234ではなくその変数名で条件に組み込むことができて便利です。

決算処理についてはこれでほぼ完成です。
以上を元にこれまでのEAを改良します。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

no image

【一覧】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その1 【MQL4】外部ソフト

記事を読む

no image

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その⑨

このシリーズは前回の投稿から1年以上あいている訳ですが、結構問い合わせがあるので、続きを書こうと思い

記事を読む

MQL4とMQL5の違い(更新中)

・OrdersTotalの扱い MQL4でのOrdersTotalはMQL5ではPositions

記事を読む

意外と厄介なWebRequestのPOST

最近になってMQL4でもオンラインに接続できるようになりましたが、 WebRequestのPOST

記事を読む

no image

最近の海外のEA開発の流行り:ロングとショートのパラメータ群を分ける

表題の通りですが、最近海外製のEAではロングとショートのパラメータを分けるのが流行っているようです。

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その⑨

このシリーズは前回の投稿から1年以上あいている訳ですが、結構問い合わせ

no image
【一覧】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その1

no image
スマホから稼働中のEAを操作、チェックするアイディア【RDP以外で】

自動売買システムはVPSなどに設置することで24時間稼働させられますが

no image
【初心者向け】VPSでWebサーバー構築 (さくらVPSxUbuntu16.04)

今回はサーバーの構築について扱ってみようと思います。VPSを使った一般

no image
2018年中盤~の仮想通貨(ビットコイン)アービトラージの相場について

ちょくちょく「最近、ビットコインのアービトラージどうですか」という質問

→もっと見る

PAGE TOP ↑