*

第20回:複数のポジションを識別・判別する

公開日: : FX自動売買開発 , , , ,

口座内の異なる通貨ペア、マジックナンバーのポジションを区別する

MT4では同時に異なる種類のポジションを持つことができます。

それゆえに決済の際にはどのポジションに対する条件なのかを明確にしないと、
ドル円でとったポジションをユーロドルの条件で決済してしまう、
なんてことになります。

これまでに使ったOrderSelect, for文を使ってポジションを区別します。

上記は現在もっているポジションの通貨ペアとマジックナンバーでポジションを識別します。

一度PositionAmountという変数にポジション数を入れます。直接

と書いてしまうと、
for文で繰り返し処理をしている最中にOrdersTotal()の数が変わってしまうことがあり、バグの原因となります。

これはもっているポジションの数だけ下の判別処理をすることを表します。OrderSelectが0から始まるので、int iも0から宣言します。

オーダーを選択し、
それぞれの情報がマッチするかを調べます。

オーダーを送信する際にマジックナンバーを固定にせず変数に格納しておけば、
1234ではなくその変数名で条件に組み込むことができて便利です。

決算処理についてはこれでほぼ完成です。
以上を元にこれまでのEAを改良します。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MT4でマルチタスク処理

MT4/MT5は基本的にC言語ベースなのでマルチスレッドはできません。 しかし、複数のチャート

記事を読む

【VPSスピード勝負】お名前ドットコム vs Beeks

トレード用のVPSを使う上で重要な項目はいろいろありますが、 その中でもスピードは要です。

記事を読む

EAとデコンパイル(デコーダー)

にわかには信じがたい話ですが、 かつてのEAをデコンパイルすることができました。 ちなみに、

記事を読む

ここが変だよMQL5

MT5を久しぶりにちょっといじってみたので、所見(愚痴)を書かせてください。 ここが変だよMQ

記事を読む

購入したEAは基本的には編集・改造できません

タイトルですべて終わっているのですが、 こういった問い合わせが多いので一応記事にします。 F

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

POLONIEXのAPIでビットコインのヒストリデータを取得 仮想通貨の自動売買⑨

公開:2017/9/4 国内の取引所でもAPIを発行している取引

APIでコインチェック、ZAIF、bitFlyerのレートの比較&トレード 仮想通貨の自動売買開発⑧

公開:2017/7/11 今回は業者間アービトラージに向け、PU

CoinCheck,bitFlyerにAPIでオーダーを出す 仮想通貨の自動売買開発⑦

公開:2017/7/10 「Private apiでそれぞれの取

→もっと見る

PAGE TOP ↑