*

【MT4MT5】チャート上にWEBサイトの情報を載せる その1

公開日: : FX自動売買開発 , , ,

オンラインの情報をトレードの判断に使う、というのは至極まっとうな考え方だと思います。

日経が為替に影響を与えるでしょうし、SP500も影響するでしょう。はたまたツイッターの群集心理による相場の形成や天候による先物相場への影響も考えられます。

MT4、MT5ではこれらの需要に答えるためにWEBにアクセスして、情報を取得することができます。

また、便利なのはWEBアクセス周りのプログラミングはMQL4とMQL5でほとんど同じだということです。

もともとMQL4ではオンラインアクセスするための関数がなかったのですが、2014年2月以降はDLLを使用せずにWEB(サイト)に接続できるようになりました。

さて、技術的な話です。

WEBサイトにアクセスするには、GETとPOSTというメソッドがあります。ただサイトを閲覧するだけの場合GETで十分です。

POSTはログイン操作やフォームの送信に使います。

また、MT4,MT5で特定のWEBサイトにアクセスするにはあらかじめ接続先のドメインを登録しておく必要があります。

なぜこんな仕様になっているかというと、どんなWEBサイトにも無条件でアクセスできる仕様にしてしまうと、DDos攻撃や不正アクセスの末端になってしまう可能性があるから(だと思います。)

おそらく「これから接続するサーバーをユーザーが把握しとけよ」というメタクオーツの配慮でしょう。

メタトレーダーの上部タブの「Tools」-> 「Options」を選択すると下記の画面が出てきます。

bandicam 2017-06-23 15-44-30-126

「Expert Advisers」タブを選択すると、許可するURLが出てくるので、
アクセスしたいサイトのURLを入力してください。

複数のページにアクセスする場合でも、トップレベルドメイン一つ登録されていれば接続可能です。

ただし、注意しなければならないのはhttpとhttpsの違いです。WEBサイトの方でリダイレクトの設定がされている場合はOKですが、これを間違えるとアクセスできない場合がありますので、気を付けてください。

こんな関数を作って稼働させるだけでWEBサイトの情報を取得できます。

出力結果。
bandicam 2017-06-23 15-35-30-944

お察しの通り、メタトレーダーではHTML、Javascript、CSSの表示はできないため、この取得したデータをスクレイピングする必要があります。

本来は一度、自前のWEBサーバーでスクレイピングしたものに対して、メタトレーダーからアクセスした方が効率がいいのですが、(PHPの方がスクレイピングのライブラリが充実しているため)

今回(次回)は少し無理やりMQLでスクレイピングします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第24回:iCustomでインジケータをEA化する

インジケータとiCustom 今回はインジケーターのシグナルを使って、EAを作ります。 iC

記事を読む

【VPSスピード勝負】お名前ドットコム vs Beeks

トレード用のVPSを使う上で重要な項目はいろいろありますが、 その中でもスピードは要です。

記事を読む

MT4から取引所のビットコインレートを取得して比較する

今までMQLしか触ったことがない人にとって、jSONだのHASHだのが出てくるAPIの処理は荷が重か

記事を読む

第17回:OrderSelectでポジションの情報を取得する

ポジションの情報を取得する 今回はすでに持っているポジション、オーダーした複数のポジションの情報を

記事を読む

意外と厄介なWebRequestのPOST

最近になってMQL4でもオンラインに接続できるようになりましたが、 WebRequestのPOST

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
[bitwallet]paypal, Netteler, Skrillの次のオンラインマネーウォレット

近頃FX業界ではbitwallet(旧:mybitwallet)という

no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

→もっと見る

PAGE TOP ↑