*

第15回:OrderModifyで損切り、利確注文を出す

公開日: : FX自動売買開発 , , , ,

SL,TPをEAから送信する

ここでは
ポジション取得時に損切りと利確を同時に送信するMQLプログラミングを行います。

前回までのOrderSendの中に損切りと利確を入力する項目がありましたが、
あれば極力使わないようにしましょう。

FX業者の中には
OrderSendで送信されたSL,TP注文を受け付けてくれない場合があります。

そのため、
「記述は何も間違っていないのにSL,TPを受け付けてくれない」
という事態になり、

数時間も悩む羽目になりかねません。

ではどうすればいいのかというと、
OrderSendではSL,TPともに0で送信し、後から修正するという処理で解決します。

そのオーダーを後から修正する方法がOrderModfyです。(OrderSendより簡単です。)

OrderSendが成功すると
そのオーダーのチケットナンバーが返ってくるので、
それを変数に一時的に保存しておきます。

その変数をOrderModifyでチケットとして使います。

オープンレートは指値逆指値注文でエントリーしようとしたときに変更できます。
成行注文ですでにポジションを持っている場合に変更しようとするとエラーになります。

有効期限は指値逆指値時の有効期限なので今回は0と入力してください。

オーダーを送信してから修正するまでの一連の流れを確認します。

これでSL,TPが送信されます。(pipsはあらかじめ用意しておく必要があります。)

これまでに作ったコードに追加すると下記のようになります。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

EAにかける制限のあれこれ

良いEAができると、クレクレ厨がよってきますが、身内の人にこっそりと配布したい場合もあります。 し

記事を読む

第3回:新規作成後に記述されているコードの意味

ここでは新規作成で現れた記述に対する解説を行います。 // と /**/ と コメントアウ

記事を読む

第25回:EAに指値注文、逆指値注文でエントリーさせる

EAに指値注文、逆指値注文でエントリーさせる記述 これまでには決済で指値注文、逆指値注文をしてきま

記事を読む

完全無敗 勝率100%のバックテストを作る

今回はファイル関数の講座の一環で、 バックテストで完璧なEAを作成します。 概要は、 ・E

記事を読む

EAに自動的に最適化させる

どんなに優秀なEAでも、 ライブで稼働させる場合、定期的なパラメータの最適化が必要です。

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

POLONIEXのAPIでビットコインのヒストリデータを取得 仮想通貨の自動売買⑨

公開:2017/9/4 国内の取引所でもAPIを発行している取引

APIでコインチェック、ZAIF、bitFlyerのレートの比較&トレード 仮想通貨の自動売買開発⑧

公開:2017/7/11 今回は業者間アービトラージに向け、PU

→もっと見る

PAGE TOP ↑