*

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その④

前回はコピー元のコードを書きました。(先頭の変数の宣言が含まれていないので、コピペしてもまた動かない状態です。)

今回はコピー先のコードに入ります。

コピー先にまずやらなくてはならないことは、ファイル関数でファイルからトレード情報を引っ張ってくることです。

FILE_READを使えば、ファイルの情報を取得することができます。ここらへんはヘルプでもフォーラムでも載っているので、詳しくはそちらを見てください。

この関数が吐き出す情報は、
チケット番号:通貨ペア(6文字):売買方向@…
となっているので、

この情報を扱いやすいように分割しなければなりません。

FileDataという変数にとりあえずこの文字列を格納し、
文字列関数を使ってそれぞれ分割した文字列を変数に入れます。

MQL4はMQL5と違って構造体は使えないので、OrderData_ticketのような変数名で代用しています。

for文の100というのは「配信元が100以上のポジションを同時に保有しないという前提の数字」です。

文字列の検索が終わり次第、breakするので、実際に100回計算することはないと思います。

StringReplaceは特定の文字列の検索文字列を別の文字列に置き換えます。

string Moji = “あいうえお”;
StringRelace(Moji,”あ”,”か”);
とすれば、

Moji == “かいうえお”

となります。

これでざっくり、コピーするべきトレードの情報が取得できたので、次回は「そのトレード情報を現在のトレード状態と照らし合わせる」箇所に入ります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

【MT4MT5】チャート上にWEBサイトの情報を載せる その1

オンラインの情報をトレードの判断に使う、というのは至極まっとうな考え方だと思います。 日経が為

記事を読む

ニューラルネットワークと自己最適化

MT4のEAから外部ライブラリALGLIBを呼び出し、 多層パーセプトロンを利用して、 自己最適

記事を読む

第1回:EA開発の前準備~エディタソフトの確認~

メタエディタの準備 EAを開発するにはMT4に付属しているメタエディタというソフトを使います。

記事を読む

第11回:様々な値を使う~Bid,TimeCurrent(),iOpen(Symbol(),0,0)~

MQLで使える数値を引き出す MQLでは様々な値を簡単な記述で参照することができます。 例え

記事を読む

第21回:パラメータ設定で変更できる数値を作る

パラメータ変数の作り方 EAはMT4側で設定できるようにした方がユーザーフレンドリーです。

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

APIを使ったアルトコインの自動アービトラージ

国内の取引所ではAPI取引でビットコイン以外をトレードできないため、ア

→もっと見る

PAGE TOP ↑