*

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その④

前回はコピー元のコードを書きました。(先頭の変数の宣言が含まれていないので、コピペしてもまた動かない状態です。)

今回はコピー先のコードに入ります。

コピー先にまずやらなくてはならないことは、ファイル関数でファイルからトレード情報を引っ張ってくることです。

FILE_READを使えば、ファイルの情報を取得することができます。ここらへんはヘルプでもフォーラムでも載っているので、詳しくはそちらを見てください。

この関数が吐き出す情報は、
チケット番号:通貨ペア(6文字):売買方向@…
となっているので、

この情報を扱いやすいように分割しなければなりません。

FileDataという変数にとりあえずこの文字列を格納し、
文字列関数を使ってそれぞれ分割した文字列を変数に入れます。

MQL4はMQL5と違って構造体は使えないので、OrderData_ticketのような変数名で代用しています。

for文の100というのは「配信元が100以上のポジションを同時に保有しないという前提の数字」です。

文字列の検索が終わり次第、breakするので、実際に100回計算することはないと思います。

StringReplaceは特定の文字列の検索文字列を別の文字列に置き換えます。

string Moji = “あいうえお”;
StringRelace(Moji,”あ”,”か”);
とすれば、

Moji == “かいうえお”

となります。

これでざっくり、コピーするべきトレードの情報が取得できたので、次回は「そのトレード情報を現在のトレード状態と照らし合わせる」箇所に入ります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第14回:MarketInfoでスプレッドを取得する

MarketInfoという情報屋 MQLではスプレッド、口座通貨、ストップレベルなどを取得する際に

記事を読む

第21回:パラメータ設定で変更できる数値を作る

パラメータ変数の作り方 EAはMT4側で設定できるようにした方がユーザーフレンドリーです。

記事を読む

MQLxPHP サーバを経由するコピートレードツールを作る4

今回はサーバー側のコーディングを行います。 まずは、トレードを送信する親側の処理を行うPHPファイ

記事を読む

EAに自動的に最適化させる

どんなに優秀なEAでも、 ライブで稼働させる場合、定期的なパラメータの最適化が必要です。

記事を読む

TradeStationでFXをやるとティックチャートとレンコン足が使える

FXをやるなら、専門特化したMetaTraderが総合点では圧倒的に高いと思います。 しかし、部分

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

POLONIEXのAPIでビットコインのヒストリデータを取得 仮想通貨の自動売買⑨

公開:2017/9/4 国内の取引所でもAPIを発行している取引

APIでコインチェック、ZAIF、bitFlyerのレートの比較&トレード 仮想通貨の自動売買開発⑧

公開:2017/7/11 今回は業者間アービトラージに向け、PU

CoinCheck,bitFlyerにAPIでオーダーを出す 仮想通貨の自動売買開発⑦

公開:2017/7/10 「Private apiでそれぞれの取

→もっと見る

PAGE TOP ↑