*

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その③

まずは、コピー元のプログラムを作ります。トレードを受信する側よりもかなり簡単です。

コピー先に送る情報として必要なのは、通貨ペア、売り買いの方向、オーダーを識別するためのチケットナンバーです。

この三つがあれば、とりあえず何とかなります。
ファイル関数は文字列でしか格納できないので、これらを一つの情報にまとめます。

チケット番号:通貨ペア(6文字):売買@

で一つのオーダーの情報にします。

オーダーが複数になった場合には、
 チケット番号:通貨ペア(6文字):売買@チケット番号:通貨ペア(6文字):売買@…
という風にどんどん連結していきます。

あとはこの関数が吐き出すトレード情報の文字列をファイル関数でファイルに書き込みます。
ファイル名はなんでもOKです。ここではCoypingTradingData.txtとしています。

ただし、ファイル名に変な記号を入れると、OSが変な拡張子として認識したりするので、特殊記号はいれないでください。

ファイル関数はMT4を超えて、フォルダにアクセスするので、PCの状態によってはアクセスに失敗することがあります。そのため、成功するまで最大30回繰り返す仕様にしています。

ここで宣言していない変数は、あとでコードをまとめたときに別の場所で宣言しているので、
コピペする際には全体のコードから取得してください。

ここで一番重要なのはファイル関数を使う際にFILE_COMMONを指定することです。これを入れることでフォルダアクセスが一つ上層になり、ほかのMT4からもアクセス可能な領域にデータが保存されます。

この保存場所は「C:\Users\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\Common\Files」です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第23回:短時間に大量のポジションを取るリスクを排除する

ポジションの時間を制御する EAプログラミングでは思わぬバグがつきものです。 よくあることとして

記事を読む

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その①

MT4で自動売買ソフトを稼働させるトレーダーには、ときとしてトレードを別のMT4にコピーしたい場合が

記事を読む

PHP(サーバー)側からEAに情報を送る

以前の投稿で、EA側からサーバーにアクセスする方法について扱ったのですが、 ”逆にサーバー側か

記事を読む

2chの市況版のスレをテキストマイニングして逆張りする

よく「大衆の逆をいけば勝てる」みたいなことが相場の世界では言われますよね。 今回は2chの市況版の

記事を読む

第9回:ロウソク足による条件を作る~3回連続で陽線になったら買うEA~

ロウソク足の記述方法 MQLにはロウソク足の4本値が標準搭載されています。 それぞれ、

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

POLONIEXのAPIでビットコインのヒストリデータを取得 仮想通貨の自動売買⑨

公開:2017/9/4 国内の取引所でもAPIを発行している取引

APIでコインチェック、ZAIF、bitFlyerのレートの比較&トレード 仮想通貨の自動売買開発⑧

公開:2017/7/11 今回は業者間アービトラージに向け、PU

CoinCheck,bitFlyerにAPIでオーダーを出す 仮想通貨の自動売買開発⑦

公開:2017/7/10 「Private apiでそれぞれの取

→もっと見る

PAGE TOP ↑