*

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その③

まずは、コピー元のプログラムを作ります。トレードを受信する側よりもかなり簡単です。

コピー先に送る情報として必要なのは、通貨ペア、売り買いの方向、オーダーを識別するためのチケットナンバーです。

この三つがあれば、とりあえず何とかなります。
ファイル関数は文字列でしか格納できないので、これらを一つの情報にまとめます。

チケット番号:通貨ペア(6文字):売買@

で一つのオーダーの情報にします。

オーダーが複数になった場合には、
 チケット番号:通貨ペア(6文字):売買@チケット番号:通貨ペア(6文字):売買@…
という風にどんどん連結していきます。

あとはこの関数が吐き出すトレード情報の文字列をファイル関数でファイルに書き込みます。
ファイル名はなんでもOKです。ここではCoypingTradingData.txtとしています。

ただし、ファイル名に変な記号を入れると、OSが変な拡張子として認識したりするので、特殊記号はいれないでください。

ファイル関数はMT4を超えて、フォルダにアクセスするので、PCの状態によってはアクセスに失敗することがあります。そのため、成功するまで最大30回繰り返す仕様にしています。

ここで宣言していない変数は、あとでコードをまとめたときに別の場所で宣言しているので、
コピペする際には全体のコードから取得してください。

ここで一番重要なのはファイル関数を使う際にFILE_COMMONを指定することです。これを入れることでフォルダアクセスが一つ上層になり、ほかのMT4からもアクセス可能な領域にデータが保存されます。

この保存場所は「C:\Users\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\Common\Files」です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MT4が使えない業者にMT4の自動売買を流すには(UWSC)

MT4が使えない業者でも魅力的な業者はたくさんあります。 特にスプレッドの面で、MT4業者は不

記事を読む

MT4チャートでバイナリーオプション(笑)

注:この記事は、MT4のチャート上でバイナリーオプションのような操作パネルを表示させるための、 開

記事を読む

TradeStationでFXをやるとティックチャートとレンコン足が使える

FXをやるなら、専門特化したMetaTraderが総合点では圧倒的に高いと思います。 しかし、部分

記事を読む

第15回:OrderModifyで損切り、利確注文を出す

SL,TPをEAから送信する ここでは ポジション取得時に損切りと利確を同時に送信するMQLプロ

記事を読む

第3回:新規作成後に記述されているコードの意味

ここでは新規作成で現れた記述に対する解説を行います。 // と /**/ と コメントアウ

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

APIを使ったアルトコインの自動アービトラージ

国内の取引所ではAPI取引でビットコイン以外をトレードできないため、ア

→もっと見る

PAGE TOP ↑