*

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その②

コピーツールを作る前に、MT4の仕様上の話をしなくてはなりません。

複数のMT4業者を利用したことがある方はご存じかと思いますが、業者によって通貨ペアの名称が若干違います。

ある業者では、USDJPY、ある業者では、USDJPY-m
またある業者は、USDJPY^

と通貨ペアのあとに変な記号を勝手につけています。

トレードデータを送信する際にはこれらの邪魔な記号を消して、6文字に統一しなければなりません。

文字列関数を使えば一発です。(PHPほど便利ではありませんが)

StringSubstrは指定文字列の指定番号以降の文字列を抽出することができるので、適当にExなどの変数を文字列型で宣言して、横に置いておきましょう。

データをやり取りする際には、このExを外して統一し、
オーダーを出す際には再び必要になります。(あとでくっつけます)

また業者によって変わってくるものとして、ストップレベルがあります。

ストップレベルとは、予約注文を出す際に最も近くに出せるレートの幅のことです。

業者としては予約注文(リミットオーダー、ストップオーダー)は、現在レートからある程度離れたところに置いてほしいわけですが、その最小許容幅がストップレベルです。

が、しかし、今回はレートの厳密性よりも、スピードを重視したコピートレードツールを開発したいと思いますので、すべて成行注文でオーダーしましょう。(トレードをコピーする側の話)

もちろん、コピー元のトレードは成行以外で自由にやっていただいてOKです。

また、スリッページもあまり狭くすると、リクオートが多発してエントリーしなくなるので、なるべく広めにしましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

cTraderとjForexとMT4

FXのプラットフォームと言えば、MT4が一強ですが、 マイナー向けのプラットフォームもわずかながら

記事を読む

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その⑥

前回は「”過去に”コピー元のトレードを持っていたか調べる関数」と「"現在"コピー元のトレードを持って

記事を読む

第15回:OrderModifyで損切り、利確注文を出す

SL,TPをEAから送信する ここでは ポジション取得時に損切りと利確を同時に送信するMQLプロ

記事を読む

第0回:プログラミングの基本ルールと心が折れないための心得

プログラミングにはどの言語にも基本的に共通したルールがあります。 ルール1 入力は半角英数字

記事を読む

MQLxPHP サーバを経由するコピートレードツールを作る2

まず、データをサーバに送信するEAを作ります。 飛ばすトレード情報のデータは、 ・チケットナ

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

POLONIEXのAPIでビットコインのヒストリデータを取得 仮想通貨の自動売買⑨

公開:2017/9/4 国内の取引所でもAPIを発行している取引

APIでコインチェック、ZAIF、bitFlyerのレートの比較&トレード 仮想通貨の自動売買開発⑧

公開:2017/7/11 今回は業者間アービトラージに向け、PU

CoinCheck,bitFlyerにAPIでオーダーを出す 仮想通貨の自動売買開発⑦

公開:2017/7/10 「Private apiでそれぞれの取

→もっと見る

PAGE TOP ↑