*

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その②

コピーツールを作る前に、MT4の仕様上の話をしなくてはなりません。

複数のMT4業者を利用したことがある方はご存じかと思いますが、業者によって通貨ペアの名称が若干違います。

ある業者では、USDJPY、ある業者では、USDJPY-m
またある業者は、USDJPY^

と通貨ペアのあとに変な記号を勝手につけています。

トレードデータを送信する際にはこれらの邪魔な記号を消して、6文字に統一しなければなりません。

文字列関数を使えば一発です。(PHPほど便利ではありませんが)

StringSubstrは指定文字列の指定番号以降の文字列を抽出することができるので、適当にExなどの変数を文字列型で宣言して、横に置いておきましょう。

データをやり取りする際には、このExを外して統一し、
オーダーを出す際には再び必要になります。(あとでくっつけます)

また業者によって変わってくるものとして、ストップレベルがあります。

ストップレベルとは、予約注文を出す際に最も近くに出せるレートの幅のことです。

業者としては予約注文(リミットオーダー、ストップオーダー)は、現在レートからある程度離れたところに置いてほしいわけですが、その最小許容幅がストップレベルです。

が、しかし、今回はレートの厳密性よりも、スピードを重視したコピートレードツールを開発したいと思いますので、すべて成行注文でオーダーしましょう。(トレードをコピーする側の話)

もちろん、コピー元のトレードは成行以外で自由にやっていただいてOKです。

また、スリッページもあまり狭くすると、リクオートが多発してエントリーしなくなるので、なるべく広めにしましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その⑦

前回は、コピー先でエントリーするところまで行ったので、今回は決済処理をします。 決済は「ファイル関

記事を読む

MT4のメールを複数アドレスに送るには

MT4が出すメールを複数のアドレスに送信したいときがあります。 ほとんどは"シグナルのメール通

記事を読む

完全無敗 勝率100%のバックテストを作る

今回はファイル関数の講座の一環で、 バックテストで完璧なEAを作成します。 概要は、 ・E

記事を読む

第2回:EAの新規作成

新規作成 メタエディタから「New」(新規作成)をクリックしてください。 するとこれから何を

記事を読む

EAのデコンパイルの実際とその対策

デコンパイルというのは実行ファイルからソースコードファイルを復元することで、デコードとかリバースエン

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑