*

第14回:MarketInfoでスプレッドを取得する

公開日: : FX自動売買開発 , , , ,

MarketInfoという情報屋

MQLではスプレッド、口座通貨、ストップレベルなどを取得する際に
MarketInfo
という関数を使います。

このように書くとその通貨ペアのスプレッドを返してくれます。
(値を出力してくれます。)

単位は最小単位を整数とした値なので、
ドル円0.5pipsのスプレッドの場合は5と表示され、1pipsの場合は10となります。

ご存じのようにスプレッドはほとんどの業者で固定ではなく、
変動しています。

せっかくいいタイミングだと思っても
スプレッドが大きすぎて手数料で負けてしまう等ということもあります。

この関数を使うことでそういう際のフィルターを作ることができます。

スプレッドが2pip以上のときはエントリーしない

それではスプレッドフィルターを作ってみましょう。

現在のスプレッドはMarketInfoで取得できますが、単位に注意しましょう。

スプレッドが8未満のときにエントリーさせる条件を考えます。

これでスプレッドが広がったときにはエントリーを見送る条件文が完了です。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第0回:プログラミングの基本ルールと心が折れないための心得

プログラミングにはどの言語にも基本的に共通したルールがあります。 ルール1 入力は半角英数字

記事を読む

EAに自動的に最適化させる

どんなに優秀なEAでも、 ライブで稼働させる場合、定期的なパラメータの最適化が必要です。

記事を読む

MT4が使えない業者にMT4の自動売買を流すには(UWSC)

MT4が使えない業者でも魅力的な業者はたくさんあります。 特にスプレッドの面で、MT4業者は不

記事を読む

第25回:EAに指値注文、逆指値注文でエントリーさせる

EAに指値注文、逆指値注文でエントリーさせる記述 これまでには決済で指値注文、逆指値注文をしてきま

記事を読む

第18回:配列で変数をまとめる

MQLの配列 MQLでティックチャートを使うとします。 MQLでは過去のティックチャートのデ

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑