*

第14回:MarketInfoでスプレッドを取得する

公開日: : FX自動売買開発 , , , ,

MarketInfoという情報屋

MQLではスプレッド、口座通貨、ストップレベルなどを取得する際に
MarketInfo
という関数を使います。

このように書くとその通貨ペアのスプレッドを返してくれます。
(値を出力してくれます。)

単位は最小単位を整数とした値なので、
ドル円0.5pipsのスプレッドの場合は5と表示され、1pipsの場合は10となります。

ご存じのようにスプレッドはほとんどの業者で固定ではなく、
変動しています。

せっかくいいタイミングだと思っても
スプレッドが大きすぎて手数料で負けてしまう等ということもあります。

この関数を使うことでそういう際のフィルターを作ることができます。

スプレッドが2pip以上のときはエントリーしない

それではスプレッドフィルターを作ってみましょう。

現在のスプレッドはMarketInfoで取得できますが、単位に注意しましょう。

スプレッドが8未満のときにエントリーさせる条件を考えます。

これでスプレッドが広がったときにはエントリーを見送る条件文が完了です。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

EAにかける制限のあれこれ

良いEAができると、クレクレ厨がよってきますが、身内の人にこっそりと配布したい場合もあります。 し

記事を読む

第19回:for文で回す

MQLのfor文 プログラミングでは同じような処理を何回もしなければならないことがあります。

記事を読む

MT4のメールを複数アドレスに送るには

MT4が出すメールを複数のアドレスに送信したいときがあります。 ほとんどは"シグナルのメール通

記事を読む

第2回:EAの新規作成

新規作成 メタエディタから「New」(新規作成)をクリックしてください。 するとこれから何を

記事を読む

【MT4MT5】チャート上にWEBサイトの情報を載せる その2

今回はWEBサイトから取得したデータのスクレイピングです。 スクレイピングとは、すごい長い文字列か

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

APIを使ったアルトコインの自動アービトラージ

国内の取引所ではAPI取引でビットコイン以外をトレードできないため、ア

→もっと見る

PAGE TOP ↑