*

ビットコインをはじめとした暗号通貨まとめ

ビットコイン
使用開始日 2009年1月3日
オープンソースプロトコルに基づく Peer to Peerピア・トゥー・ピア 型
ビットコインは仮名性で取引を追跡できることから、完全な匿名性ではなく、
完全匿名の取引をする場合にはMONEROが使われるようになっている。
イーサリアム
ビットコイン2.0
アルトコインの一番手(アルトコインとはビットコイン以外の暗号通貨)
2014年2月発
マイニングにはGPUが必要
ソロマイニングにはハイスペックな機器が必要だが、
プールマイニングならまだ可能性あり。
イーサリアムクラシック
旧イーサリアム
TheDAOがソースコードの欠陥を突かれて50億円相当のETHを流出させた事件があり、
この50億円分のETHをハッカーから取り戻すための修正を加えた方のチェーンがETH、
そうでない元々のイーサリアムのチェーンがETC (Ethereum Classic)
ライトコイン
アルトコイン元一番手
上限枚数:84 Million(ビットコインの約4倍)
元Googleのチャーリー・リーにより2011年に作成
より高速なブロック生成への取引により、ビットコインより早く取引ができる
マイニングもビットコインほどの機材を必要としない
モネロ(XMR)
誕生日:2014年4月
コイン発行上限:上限なし
「AlphaBay」というオンラインマーケットで、この通貨が採用されたことで、一気に値段が上昇した
完全匿名通貨
かつてビットコインがダークマーケットで流行った様に、現在はモネロが主流になりつつある。
送り元が誰なのかを隠せる
「ワンタイムリング署名」方式(誰が署名したか分からなくさせる技術)
ビットコインのソースコードを元にせず作られた暗号通貨
XEM/NEM(ネム)
総発行量は8,999,999,999XEMで、
およそ1,600人の投資家に、段階で均等に分けられたので採掘というものがない。
ほかの通貨では採用していないEigenTrust++アルゴリズムを採用
マイニングの代わりにハーベスティングと言う。
DAO
Decentralized Autonomous Organization(分散型自律組織)の略称
Slock.itというドイツの企業がコードの開発をする非中央集権的システム
Ethereumを利用した投資システムの1つで、ベンチャーキャピタルに似た自立分散型の投資ファンド
流出事件あり
モナーコイン
2ch発の日本製コイン
数年前に土地が売買されたことが有名
日本初、2ch発ということ以外に特にメリットなし。
オーガー auger(REP)
英国のブックメーカーのように、未来に起こる様々な出来事にたいして、
お金をかけたりするギャンブル市場専用の通過
ユーザー間で賭けの対象を生み出し、ユーザー間で結果を判断し、
自動的に配当を分配する仕組みのために開発
リスク(LSK)
総発行枚数は無限(インフレ通貨)
分散型アプリケーションプラットフォーム
承認者には取引手数料に加え、新規に発行される仮想通貨(LISK)が報酬として与えられます。
取引を承認することをマイニング(採掘)といいますが、Liskではフォージング(鋳造)と呼びます。
プライベートチェーン
コアな部分からDAppsまで一貫してJavascriptを採用
リップル
「ブリッジ通貨」
世界で一番優秀な決済サービス。 そのため、銀行が次々と採用を表明している。
「XRP」は、利用するたびに、消滅する仕組みとなっている
1,000億を上限として発行
Googleによる中央集権型暗号通貨。(安い)
Factom(ファクトム:FCT)
文書記録保護のトークン(手数料)としての仮想通貨
発行元 :Factomプロジェクトチーム
ZEC(ジーキャッシュ)
誰が誰にいくら送ったかを第三者に明かさなくても、送金トランザクションの正当性が証明できる
「ゼロ知識証明」という技術が用いられ、Equihashというアルゴリズムを使用
ゼロ知識証明を用いることで、ブロックチェーン上の支払者、受取者、金額の情報を自動的に隠し、正しい閲覧キーを持つ人だけが内容を見ることができ、他者に閲覧キーを送る際は、オプトイン方式で送ります。
ZCASHはパブリック・ブロックチェーンを使用し、分散型ネットワークを保持しつつ、完全な匿名支払が可能です。
ZCASHのプロジェクトはオープンソースで、GitHubにて公開されています。
DASH(ダッシュ)コイン
誕生日:2014年1月
発行総数:約2,200万枚
開発元:DASH FOUNPATLON
2015年3月にDASHに名前を変更
通貨の単位は「DRK」
システム:PoW(ビットコインと一緒のやつ)
実は2015年3月までは、今とは別の名前で呼ばれていました。
その時の名前はなんとDirk Coin(ダークコイン)
ビットコインと大きく違う点は、仮想通貨DASHは送金なんかに匿名性がある
取引しているお金を一度一つの大きなプール的なところに集めて、混ぜた後、そこから指定されたところに分配
DASHとMoneroの違いは、最初から匿名な状態なのが、Monero(モネロ)
途中(プール)で匿名化されるのが、DASH(ダッシュ)
DOGECOIN(ドージコイン)
2013年に海外で大流行した「Doge」と呼ばれる柴犬のミームをモチーフにした暗号通貨
最初は「お遊び暗号通貨」としてスタート
仕組みはLiteCoinとほぼ一緒
現在一部で広がっているその他コイン
ADA Coin [エイダコイン]
Aloha Coin [アロハコイン]
Asset Coin [アセットコイン]
Atom Coin [アトムコイン]
AWA Coin [AWAコイン]
Baysia Coin [ベイジアコイン]
c0ban [コバン]
Circle Coin [サークルコイン]
Clover Coin [クローバーコイン]
Credit Coin [クレジットコイン]
Dircoin [ディールコイン]
Eternal Coin [エターナルコイン]
Fusion Coin [フュージョンコイン]
Futcoin [フートコイン]
GARUDA-Coin [ガルーダコイン]
Gem Coin [ジェムコイン]
Hit Coin [ヒットコイン]
Hold Coin [ホールドコイン]
Jewel Coin [ジュエルコイン]
KEY’token [キートークン]
LEO Coin [レオコイン]
Linked Coin [リンクドコイン]
M Coin [Mコイン]
Mold Coin [モルドコイン]
NAGEZENI [ナゲゼニ]
NOAH Coin [ノアコイン]
Ocean Coin [オーシャンコイン]
One Coin [ワンコイン]
PABYOSI COIN [パビョシコイン]
Planet Coin [プラネットコイン]
Port Coin [ポートコイン]
Quanta [クオンタ]
SmASH [スマッシュ]
TAOCOIN [タオコイン]
True Life Coin [トゥルー・ライフ・コイン]
World Peace Coin [ワールドピースコイン]
XID Coin [XIDコイン]
XEP Coin [XEPコイン]
XNC Coin [XNCコイン]
XRC Reglus Coin [XRCレグルスコイン]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

プライベートキーでビットコインを取り出す(PC)

以前の記事で、ビットコインを大量に生成する方法についてご紹介しました。 しかし、取り出すことが

記事を読む

MT4でビットコイントレード()

暗号通貨取引が盛んですが、慣れ親しんだMT4でビットコイントレードをする方法はないのでしょうか。

記事を読む

取引所を介さずにアルトコインを交換する方法

取引所内でアルトコインのやり取りをすれば別に問題ないと思うのですが、中には大人の事情で取引所を使いた

記事を読む

blockchain.infoの裏サイトがあるって知ってた?

仮想通貨業界の人なら知らない人はいないblockchain.infoというサイトがありますが、 こ

記事を読む

ビットコイン”専用”海外デビットカードがダメになったけど、”専用”でなければ良いみたい

ビットコインの現金化をするときに、国内の機関を通したくないという大人の方たちに愛用されていた ビッ

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
シンプルなニューラルネットワークに基づいたEA(の記事)

MQLの記事って、ロシア語->英語->日本語の順に訳されるんで日本語の

no image
自動売買における仮想ストップロス、仮想テイクプロフィットの概念と意味

最近の自動売買系の論文やコードを読んでいると「仮想ストップロス」、「仮

no image
[bitwallet]paypal, Netteler, Skrillの次のオンラインマネーウォレット

近頃FX業界ではbitwallet(旧:mybitwallet)という

no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

→もっと見る

PAGE TOP ↑