*

オフショアに代わる節税対策 仮想通貨の知識

ここ数年でオフショア(海外の税金回避)が立て続けにダメになっています。

セーシェルの法人やHSBCの口座なども利用する意味が消失しました。

 

次のイタチごっこの舞台になりそうなのが、ビットコインをはじめとした暗号通貨(仮想通貨)です。

 

 

中国ではこの流れが過去形になりつつあり、

ビットコインを使って資金を海外に逃がす動きがありました。

 

しかしビットコインは完全匿名ではないので、

アカウントとアドレスを紐づけるなどの処置をとるなどされて、

いろいろあったようです。

 

 

現在は、その流れを受けたり、(他の場所でもいろいろあったりで)

完全匿名の暗号通貨が出始めたりしています。

(怪しい香りがしますね。)

 

 

と同時に、暗号通貨系のポンジスキームも多発しているようです。

(技術的に優位性がなく、他の点で差別化しようとしている仮想通貨は基本危ないです。)

 

 

FX業界は節税対策とは切っても切り離せない関係なので、

リアルタイムで暗号通貨の知識が必要になってきます。

 

(ちなみに、ヨーロッパ圏では暗号通貨はあまり流行っていないようです。)

 

 

日本でも法整備ができつつありますが、

まだまだ法解釈にグレーゾーンが多くあります。

 

 

これから、少しずつではありますが、

暗号通貨関連のトピックも扱っていきますので、

 

興味があればぜひ見ていってください。

 

 

(節税の実践的方法を求めてきた方、ごめんなさい。)

(とりあえず、金融資産を暗号通貨に変えて値上がりした場合、課税対象には現状ならないので、

いくらかビットコインかイーサリアムかモネロを買ってみてはいかがでしょうか。)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

プライベートキーでビットコインを取り出す(PC)

以前の記事で、ビットコインを大量に生成する方法についてご紹介しました。 しかし、取り出すことが

記事を読む

BitFlyerに自動ログインする【UWSC】

BitFlyerは国内最大手の仮想通貨取引所とうたっていますが、取引高を第三者のサイトなどで調べると

記事を読む

ビットコインアドレスの秘密鍵とは

ビットコインアドレスには必ずペアとなる秘密鍵(プライベートキー)が存在します。  

記事を読む

APIで取引所のレートを取得する 仮想通貨の自動売買開発②

公開:2017/6/21 PHPプログラマと言っても、いろいろな分野の人がいるわけで、WEB系

記事を読む

エストニアの電子住民のメリットと取得方法

知ってる方も多いと思いますが、エストニアではe-residencyという電子住民制度があります。

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑