*

ハードウォレットLedger Walletを使ってみた話

ビットコインウォレットの一つにUSB型のハードウォレットというものがあります。

アマゾンで「ハードウォレット」と検索すると、5000円~2万円くらいのものがヒットすると思います。

 

その中でも比較的安価なLedger Walletというものを使ってみたので、

その”一悶着”について語りたいと思います。

 

 

bandicam 2017-03-28 17-29-33-806

 

Ledger Walletを購入すると、

USB型のデバイスとマトリクスコードのようなパスワードカードが同封されています。

 

このUSB型のデバイスがハードウォレットで、

パスワードカードは送金の際に使います。

 

USB型といってもUSBではないので、

パソコンにさしてもUSBとして認識されません。

(これがセキュリティ強化の一面です)

 

使い方は通常のウォレットソフトとほとんど変わらず、

ログインにデバイスが必要だということくらいが変わっている点です。

 

 

ここまでは良かったのですが、LedgerWalletを使っていて、

問題が発生しました。

 

 

 

「送金ができない」

 

 

 

すべての手順をクリアして、いざ出金の画面になったら、

プロセスが88%で止まってしまう。

 

 

何度やっても、1週間おいても88%で止まってしまう。

 

 

このことをサポートに連絡したところ、

「発生状況のスクリーンショットを送ってください」と。

 

そして、その様子の画像を送ると、音沙汰なし。

 

 

 

別のLedgerWalletユーザーに聞いたところ、

その方も同じ状況。

 

 

検索してもLedgerWalletの使用情報はなし。

 

 

というわけで、使用中止することにしました。

 

 

皆さんもハードデバイスを利用する際はお気を付け下さい。

 

 

(ちなみにハードデバイスに入れてしまったビットコインは

12~13文字の英単語BIP39があれば、引き出すことができます。)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

エストニアの電子住民のメリットと取得方法

知ってる方も多いと思いますが、エストニアではe-residencyという電子住民制度があります。

記事を読む

安全にライトコインのペーパーウォレットを作る

1年位前にビットコインのペーパーウォレットの作り方を紹介しましたが、最近ライトコインが上がってきたの

記事を読む

プライベートキーでビットコインを取り出す(PC)

以前の記事で、ビットコインを大量に生成する方法についてご紹介しました。 しかし、取り出すことが

記事を読む

ビットコインデビットカードXAPO

ビットコインデビットカードは、 国内でもコインチェック連携のプラスチックカードなどがありますが

記事を読む

blockchain.infoの裏サイトがあるって知ってた?

仮想通貨業界の人なら知らない人はいないblockchain.infoというサイトがありますが、 こ

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑