*

意外と厄介なWebRequestのPOST

公開日: : FX自動売買開発 , ,

最近になってMQL4でもオンラインに接続できるようになりましたが、
WebRequestのPOSTには意外と厄介な点があります。

というのも、
WebRequestのヘルプのリファレンスが間違っていて、
修正されないという問題があるからです。

GETを使えば簡単ですが、セキュリティの問題などで
POSTを使った方が良いことも多々あります。

また、ログインが必要な場合、POSTは必須になります。

下記はWebRequestでPOSTするための関数です。

このSendPost()をOnInitやOnCalculate内に貼り付けることで、
POSTを実行できます。

PHPでデータを取得する場合は$_POST[‘bid’]などで取得できます。

第3者のウェブサイトにログインする場合は、
そのログインフォームのinputのnameを取得して、
nameと一致するようにPOSTデータを送信します。

(ここら辺が何言ってるか分からない場合は、
HTMLのフォームについて検索してみてください。)

また、
これを応用すれば、オンラインで口座認証したり、
サーバー側からEAを管理することが可能になります。

使い方を変えれば、ティック毎にサイトにアクセスする
Dos攻撃にもなりますので、

あまり頻繁にアクセスしないようにしましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第6回:オーダーに条件をつける IF文

ここではオーダーを送信する前に条件文を挿入します。 条件の書き方 前回までには、「新規ポジシ

記事を読む

週明け窓埋めロジックってどうなの?

FXの中でも有名なトレード手法として、 窓埋めロジックというものがあります。 株の場合は、窓

記事を読む

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その④

前回はコピー元のコードを書きました。(先頭の変数の宣言が含まれていないので、コピペしてもまた動かない

記事を読む

合成通貨アービトラージEA

まず合成通貨のパターンを構成する通貨を選択します。 どんなに採用通貨ペアが少ないFX業者でも利

記事を読む

第15回:OrderModifyで損切り、利確注文を出す

SL,TPをEAから送信する ここでは ポジション取得時に損切りと利確を同時に送信するMQLプロ

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

POLONIEXのAPIでビットコインのヒストリデータを取得 仮想通貨の自動売買⑨

公開:2017/9/4 国内の取引所でもAPIを発行している取引

APIでコインチェック、ZAIF、bitFlyerのレートの比較&トレード 仮想通貨の自動売買開発⑧

公開:2017/7/11 今回は業者間アービトラージに向け、PU

CoinCheck,bitFlyerにAPIでオーダーを出す 仮想通貨の自動売買開発⑦

公開:2017/7/10 「Private apiでそれぞれの取

→もっと見る

PAGE TOP ↑