*

第12回:消えてしまう数値を一時的に保存して利用する~変数~

公開日: : FX自動売買開発 , , , ,

変数の役割

これまでにもあまり大した説明をせずに変数を扱ってきましたが、
ここでは変数について重点的に行います。

変数には大きく分けて2種類の役割があります。
1.何度も使う数値や数式を引き出しやすくして、演算量を減らし、記述を楽にする
2.そのままだと消えてしまうデータを一時的に保存しておく

1だけ聞くと、
「演算量なんてどうでもいいし、楽な記述よりも慣れたやり方の方がいい」
という選択肢もあるのですが、

変数にはデータを一時的に保存することができるので、
この機能を使うには避けて通ることはできません。

例えば、
テクニカル指標のシグナルが発生してすぐにエントリーではなく、
5分後にエントリーさせたい場合を考えます。

TimeCurrent()では現在の時刻しか取得できないため、
テクニカル指標のシグナルが発生した瞬間にその時間をどこかに記録しておく必要があります。

上記のようにすることによって
RSI_Signal_Timeという変数にシグナルが発生した時間が格納されます。

ここで注意しなければならないのは、冒頭の datetime RSI_Signal_Time; です。

変数は利用する前にあらかじめ、
どんなタイプの変数なのか、
どんな名前なのかを宣言しなければなりません。

タイプには、整数、少数、文字、時間、真偽などがあります。

それぞれのタイプに合わせて変数の宣言を行わなければなりません。

また、変数名は半角英数字で決めてください。
ただし、「数字から始まる文字」、「-(ハイフン)」などは利用できません。

後は分かりやすい名前にすることを強く推奨いたします。

=はイコールではなく代入

今までもチラチラと出現していましたが、
=はプログラミングではイコールではなく、代入を表します。

はNumberという変数に5を入れたということを意味します。

変数には一つの数字しか格納することができません。

このように続けて同じ変数に値を入れようとすると、
古い数字は破棄され、新しい10がNumberに格納されます。

シグナル発生から5分以内に10pips上がったらエントリー
これまでのことを元に14RSIが30ラインを下から上にクロスした後、
5分以内に10pips上がったらエントリーするというEAを作ってみます。

冒頭にあるstaticというのは
ティック更新後にも変数をリセットしないでください、
という意味を持つ呪文です。

これがないと、ティック更新後に変数がリセットされてしまい、
RSI_Signal_TimeとRSI_Signal_Rateが0になってします。

シグナル発生後5分以内というのは、
言い換えると
「現在の時間 < シグナルが発生した時間 + 300秒」ということになります。 また、ドル円の場合10pipsは0.10なので、 10pips上がったらエントリーというのは「現在のレート > シグナル時のレート + 0.10」 ということになります。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第15回:OrderModifyで損切り、利確注文を出す

SL,TPをEAから送信する ここでは ポジション取得時に損切りと利確を同時に送信するMQLプロ

記事を読む

第4回:新規ポジションを送信する記述

ここでは MQLに特有の”新規ポジションの取得” を記述していきます。 OrderSend

記事を読む

EAとデコンパイル(デコーダー)

にわかには信じがたい話ですが、 かつてのEAをデコンパイルすることができました。 ちなみに、

記事を読む

EA単体で業者間アービトラージ

業者間アービトラージが話題になった時代が数年前にありましたが、 今回は今の技術で業者間アービトラー

記事を読む

第2回:EAの新規作成

新規作成 メタエディタから「New」(新規作成)をクリックしてください。 するとこれから何を

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
[bitwallet]paypal, Netteler, Skrillの次のオンラインマネーウォレット

近頃FX業界ではbitwallet(旧:mybitwallet)という

no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

→もっと見る

PAGE TOP ↑