*

合成通貨アービトラージEA

まず合成通貨のパターンを構成する通貨を選択します。

どんなに採用通貨ペアが少ないFX業者でも利用できるように
主要7通貨ペアを採用します。

ドル、円、ポンド、ユーロ、カナダドル、オーストラリアドル、スイスフラン
です。

7つの通貨の通過ペアパターンは、7C2=21通りあります。

それぞれに対して、21x(7-2)通りの合成通貨パターンを書きだします。

AskとBidの2通りのレートが存在するので、
それぞれの意味合いが消失しないように、AskとBidを選択して合成通貨を作成します。

bandicam-2016-12-28-18-18-21-546

かなり見にくいですが、
このような表になります。

そして、
レートの差が大きくなった瞬間に、そのレート差が埋まる方向に両建てをします。

本当に一瞬なので、この処理はマルチタスクで行います。
といっても、MT4にはマルチタスク専用の機能はないので、

グローバル変数を使ってデータの受け渡しをします。

この記事の最後にあるソースコードをコンパイルしてEAを生成したら、
同じチャートを4つ開き、それぞれにこのEAをセットします。

1~3回目までは、左上にコメントが表示され、
4回目に画像の表が表示されます。

表がでているチャートのEAがメインの計算を行い、
その他のEAはオーダーの管理を行います。

もともとは4つそれぞれ、
別々のEAだったのですが、

設定する側が混乱する元になるので、
すべて統合しました。

そのため、ソースコードはEA4つ分になっています。

パラメータ設定の「DifferencePoint」がエントリーを実行するpips差を表し、
合成通貨とメイン通貨ペアのレート差がこの設定値以上になると、
エントリーを実行します。

スピード勝負なので、高速なコンピュータ&高速ネットワーク勝負ですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第6回:オーダーに条件をつける IF文

ここではオーダーを送信する前に条件文を挿入します。 条件の書き方 前回までには、「新規ポジシ

記事を読む

第24回:iCustomでインジケータをEA化する

インジケータとiCustom 今回はインジケーターのシグナルを使って、EAを作ります。 iC

記事を読む

MT4でマルチタスク処理

MT4/MT5は基本的にC言語ベースなのでマルチスレッドはできません。 しかし、複数のチャート

記事を読む

MQLxPHP サーバを経由するコピートレードツールを作る3

今回はトレードを受信する方のEAを作ります。 トレードデータを送信するEAと比較すると、 ト

記事を読む

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その⑤

今回は取得したコピー元のトレード情報を、現在のトレード状態と照らし合わせる作業をします。

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

POLONIEXのAPIでビットコインのヒストリデータを取得 仮想通貨の自動売買⑨

公開:2017/9/4 国内の取引所でもAPIを発行している取引

APIでコインチェック、ZAIF、bitFlyerのレートの比較&トレード 仮想通貨の自動売買開発⑧

公開:2017/7/11 今回は業者間アービトラージに向け、PU

CoinCheck,bitFlyerにAPIでオーダーを出す 仮想通貨の自動売買開発⑦

公開:2017/7/10 「Private apiでそれぞれの取

→もっと見る

PAGE TOP ↑