*

第11回:様々な値を使う~Bid,TimeCurrent(),iOpen(Symbol(),0,0)~

公開日: : FX自動売買開発 , , , ,

MQLで使える数値を引き出す

MQLでは様々な値を簡単な記述で参照することができます。

例えば、

BidやAskはこのままで現在のレートを出してくれます。
Bidの後に()は必要ありません。また、小文字でbidと書いても認識されません。

また時間に関する参照は、

で参照することができます。

こちらは()が必ず必要です。
TimeCurrentだけではエラーになります。
また、この時刻関数は1970年1月1日からの秒数を返します。

つまり、現在時刻が2015年2月1日だとしても、
2015.02.01 00:00 等のような表記法ではなく、
1414953007などのような数値になっている訳です。

これは例えばエントリーしてからの経過時間などを決済条件に組み込むときに、

などと書くことによって条件化できます。

※エントリーした時刻に、EntryTimeなどの変数名にTimeCurrent()の値を代入すればエントリーした時刻を保存できます。

これに前回までにやったロウソク足の関数iOpen(Symbol(),0,0)などが加わります。

値の参照には、
そのままのもの: Bid, Ask
()が必要なもの: TimeCurrent(), TimeLocal(),Day(), Hour()…
()と数値が必要なもの: iOpen(Symbol(),0,0), iRSI(Symbol(),0,14,0,0)…
があると覚えておきましょう。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MQL4とMQL5の違い(更新中)

・OrdersTotalの扱い MQL4でのOrdersTotalはMQL5ではPositions

記事を読む

no image

久しぶりにMQL4を触って違和感を覚えたこと(覚書)

ほとんどの人には関係ない記事だと思います。 開発者の方が検索してたまたま見てもらうような覚書で

記事を読む

cTraderとjForexとMT4

FXのプラットフォームと言えば、MT4が一強ですが、 マイナー向けのプラットフォームもわずかながら

記事を読む

第23回:短時間に大量のポジションを取るリスクを排除する

ポジションの時間を制御する EAプログラミングでは思わぬバグがつきものです。 よくあることとして

記事を読む

no image

ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります。ストップレベルというのは、現

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
シンプルなニューラルネットワークに基づいたEA(の記事)

MQLの記事って、ロシア語->英語->日本語の順に訳されるんで日本語の

no image
自動売買における仮想ストップロス、仮想テイクプロフィットの概念と意味

最近の自動売買系の論文やコードを読んでいると「仮想ストップロス」、「仮

no image
[bitwallet]paypal, Netteler, Skrillの次のオンラインマネーウォレット

近頃FX業界ではbitwallet(旧:mybitwallet)という

no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

→もっと見る

PAGE TOP ↑