*

完全無敗 勝率100%のバックテストを作る

今回はファイル関数の講座の一環で、
バックテストで完璧なEAを作成します。

概要は、
・EAに一度バックテストさせる
(バックテストの際にチャートデータを記録する)
・EAにもう一度バックテストさせる
(記録したデータをもとに後出しじゃんけん的エントリーをする)
という具合です。

一度経験したチャートを記録し、
その記録をもとに未来予知を実現します。

MQLを知らない方に取っては簡単そうに見えますが、
EAにはテストを終了するごとにデータをリセットするという性質があるため、

一般的なEAの開発しか経験がない方にとっては
少しハードルが高いかもしれません。

といっても、ファイル関数を使って、ファイルに記録するだけなので、
ファイル関数さえ使えれば、どうということはありません。

今回は、
1回目のテストの際にロウソク足が上がるか、下がるがを順番に記録していき、
2回目のテストで次のロウソクが上がる場合は買い、
下がる場合は売りをするロジックを組み込みます。

bandicam-2016-12-28-16-27-59-987
bandicam-2016-12-28-16-28-37-967

もちろん後出しなので、勝率は100%です。

どの期間、どの通貨ペア、どの時間枠でも勝率100%をたたき出すことが可能です。(爆)

もちろん、手数料負けする可能性はあるので、
手数料負けしてしまう場合は、時間枠を大きくすればOKです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MT4のチャート上にボタンを作る

現在のMT4は結構いろいろな機能が追加されていて、 DLLや拡張ファイルを使わずに、 EA単体で

記事を読む

MQL4とMQL5の違い(更新中)

・OrdersTotalの扱い MQL4でのOrdersTotalはMQL5ではPositions

記事を読む

第2回:EAの新規作成

新規作成 メタエディタから「New」(新規作成)をクリックしてください。 するとこれから何を

記事を読む

【MT4MT5】チャート上にWEBサイトの情報を載せる その1

オンラインの情報をトレードの判断に使う、というのは至極まっとうな考え方だと思います。 日経が為

記事を読む

MT4でマルチタスク処理

MT4/MT5は基本的にC言語ベースなのでマルチスレッドはできません。 しかし、複数のチャート

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

APIを使ったアルトコインの自動アービトラージ

国内の取引所ではAPI取引でビットコイン以外をトレードできないため、ア

→もっと見る

PAGE TOP ↑