*

完全無敗 勝率100%のバックテストを作る

今回はファイル関数の講座の一環で、
バックテストで完璧なEAを作成します。

概要は、
・EAに一度バックテストさせる
(バックテストの際にチャートデータを記録する)
・EAにもう一度バックテストさせる
(記録したデータをもとに後出しじゃんけん的エントリーをする)
という具合です。

一度経験したチャートを記録し、
その記録をもとに未来予知を実現します。

MQLを知らない方に取っては簡単そうに見えますが、
EAにはテストを終了するごとにデータをリセットするという性質があるため、

一般的なEAの開発しか経験がない方にとっては
少しハードルが高いかもしれません。

といっても、ファイル関数を使って、ファイルに記録するだけなので、
ファイル関数さえ使えれば、どうということはありません。

今回は、
1回目のテストの際にロウソク足が上がるか、下がるがを順番に記録していき、
2回目のテストで次のロウソクが上がる場合は買い、
下がる場合は売りをするロジックを組み込みます。

bandicam-2016-12-28-16-27-59-987
bandicam-2016-12-28-16-28-37-967

もちろん後出しなので、勝率は100%です。

どの期間、どの通貨ペア、どの時間枠でも勝率100%をたたき出すことが可能です。(爆)

もちろん、手数料負けする可能性はあるので、
手数料負けしてしまう場合は、時間枠を大きくすればOKです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第14回:MarketInfoでスプレッドを取得する

MarketInfoという情報屋 MQLではスプレッド、口座通貨、ストップレベルなどを取得する際に

記事を読む

第4回:新規ポジションを送信する記述

ここでは MQLに特有の”新規ポジションの取得” を記述していきます。 OrderSend

記事を読む

第11回:様々な値を使う~Bid,TimeCurrent(),iOpen(Symbol(),0,0)~

MQLで使える数値を引き出す MQLでは様々な値を簡単な記述で参照することができます。 例え

記事を読む

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その①

MT4で自動売買ソフトを稼働させるトレーダーには、ときとしてトレードを別のMT4にコピーしたい場合が

記事を読む

MT4チャートでバイナリーオプション(笑)

注:この記事は、MT4のチャート上でバイナリーオプションのような操作パネルを表示させるための、 開

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑