*

金融庁がHSBCに圧力?

公開日: : 速報 , , , ,

(噂の範囲です)

2016年9月にオンラインカジノで利用されていたネッテラーを
日本人が使うことができなくなりました。

またその数年前では、
オーストラリアのFX会社を日本人が利用することができなくなりました。

これは日本政府(金融庁)の規制が及んだものだと噂されています。

2016年12月に入って、
今度は中国の銀行,HSBCの銀行口座に出金できなくなったというニュースが入りました。

ハンセン銀行もHSBC傘下なので、時間の問題でしょう。

日本人がHSBCの新規口座を開設することも難しくなり、
近いうちにマイナンバーの登録も必要になるそうです。

もし、FX関連で中国の銀行口座を開設しようとしている方がいれば、
口座開設費(数万~十数万)が無駄になってしまう可能性があるので、

少し様子を見ることをオススメします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

MT4バージョン情報build625

変更点の抜粋 メタトレーダー4ビルド625:メタトレーダー市場と新MetaViewerで雑

記事を読む

ネッテラーの次は?

2016年の9月より、 FX会社の入出金手段の一つであったネッテラーが使えなくなりました。

記事を読む

MT4でビットコインチャート!?

MT4はFXがメインですが、 業者によっては、 金、銀、石油、 日経225、ダウ、SP50

記事を読む

MAM,PAMMの落とし穴

MAM,PAMMはFX会社のファンドのようなものですが、 落とし穴が存在ます。 まず一つ目は

記事を読む

チャートのスプレッドよりも実際のスプレッドが大きい…

トレードでは基本的にスプレッドが手数料として上乗せされています。通常であればBid=Close(終値

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑