*

EA、インジケーターに有効期限をつける

EAやインジケーターをお試しで使ってもらい
気に入ってもらったら購入してもらうというビジネスモデルは、

買い手にとっても売り手に取ってもメリットのある販売方法です。

そのためには、EA、インジケーターに有効期限機能をつける必要があります。

ウェブサーバー認証をデータベースなどで実装している場合には、
そちらで管理した方が良いですが、

オンライン認証システムがない場合には、
コンパイル時に時限装置をつけることが可能です。

例えば、2015年の10月から年末までの間、
利用可能にしたい場合、

これをOnCalculateの直下に貼り付ければ、
その期間だけ有効なEA,インジケーターが出来上がります。

ここで注意していただきたいのは、
日付のフォーマットです。

日付は、必ず半角で
2003.8.12 17:35
西暦.月.日 時:分
のフォーマットで記入してください。

「日」と「時」の間は、半角スペースです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第14回:MarketInfoでスプレッドを取得する

MarketInfoという情報屋 MQLではスプレッド、口座通貨、ストップレベルなどを取得する際に

記事を読む

第12回:消えてしまう数値を一時的に保存して利用する~変数~

変数の役割 これまでにもあまり大した説明をせずに変数を扱ってきましたが、 ここでは変数について重

記事を読む

【VPSスピード勝負】お名前ドットコム vs Beeks

トレード用のVPSを使う上で重要な項目はいろいろありますが、 その中でもスピードは要です。

記事を読む

【MT4MT5】チャート上にWEBサイトの情報を載せる その1

オンラインの情報をトレードの判断に使う、というのは至極まっとうな考え方だと思います。 日経が為

記事を読む

no image

ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります。ストップレベルというのは、現

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽物、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑