*

EAとデコンパイル(デコーダー)

にわかには信じがたい話ですが、
かつてのEAをデコンパイルすることができました。

ちなみに、デコンパイルとは、
市販されているEAから、ソースコードを復元することを指します。

一般的なソフトウェアでは、まずありえないことなので、
デコンパイルという言葉そのものが

プログラマにとってもあまり馴染みがないものです。

しかし、EAを開発するためのMQLというプログラミング言語は、
C言語に近いシンプルな性質を持っているがために、

用意にデコンパイルされてしまうという現状がありました。

対象となったEAはMT4のbuild500番以前にコンパイルされたEAで、
変数名が意味消失する以外は、ほぼ完全な復元が可能でした。

(デコンパイルされたソースコードは、変数がli_358などのようになります。)

現在のbuild610番以降のMT4でコンパイルされたEAは、
デコンパイル対策がされており、

以前のように簡単に復元されるリスクはほとんどなくなりました。

かつてのデコンパイルツールを使っても、
現在のEAはデコードされる心配はありません。

しかし、世界のどこかに
物好きで、暇人で、コンパイルに詳しいデバッガーがいれば、

デコンパイルがされてしまう可能性は0%ではありません。

大切なEAであればあるほど、
信用できる方だけにひっそりと共有したいものです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第19回:for文で回す

MQLのfor文 プログラミングでは同じような処理を何回もしなければならないことがあります。

記事を読む

ニューラルネットワークと自己最適化

MT4のEAから外部ライブラリALGLIBを呼び出し、 多層パーセプトロンを利用して、 自己最適

記事を読む

【MT4MT5】チャート上にWEBサイトの情報を載せる その1

オンラインの情報をトレードの判断に使う、というのは至極まっとうな考え方だと思います。 日経が為

記事を読む

no image

ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります。ストップレベルというのは、現

記事を読む

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その④

前回はコピー元のコードを書きました。(先頭の変数の宣言が含まれていないので、コピペしてもまた動かない

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽者、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑