*

EAとデコンパイル(デコーダー)

にわかには信じがたい話ですが、
かつてのEAをデコンパイルすることができました。

ちなみに、デコンパイルとは、
市販されているEAから、ソースコードを復元することを指します。

一般的なソフトウェアでは、まずありえないことなので、
デコンパイルという言葉そのものが

プログラマにとってもあまり馴染みがないものです。

しかし、EAを開発するためのMQLというプログラミング言語は、
C言語に近いシンプルな性質を持っているがために、

用意にデコンパイルされてしまうという現状がありました。

対象となったEAはMT4のbuild500番以前にコンパイルされたEAで、
変数名が意味消失する以外は、ほぼ完全な復元が可能でした。

(デコンパイルされたソースコードは、変数がli_358などのようになります。)

現在のbuild610番以降のMT4でコンパイルされたEAは、
デコンパイル対策がされており、

以前のように簡単に復元されるリスクはほとんどなくなりました。

かつてのデコンパイルツールを使っても、
現在のEAはデコードされる心配はありません。

しかし、世界のどこかに
物好きで、暇人で、コンパイルに詳しいデバッガーがいれば、

デコンパイルがされてしまう可能性は0%ではありません。

大切なEAであればあるほど、
信用できる方だけにひっそりと共有したいものです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

PHP(サーバー)側からEAに情報を送る

以前の投稿で、EA側からサーバーにアクセスする方法について扱ったのですが、 ”逆にサーバー側か

記事を読む

第23回:短時間に大量のポジションを取るリスクを排除する

ポジションの時間を制御する EAプログラミングでは思わぬバグがつきものです。 よくあることとして

記事を読む

市販のインジケーターをEA化する 実践編

何年か前に「iCustomを使ってインジケーターをEA化する」という記事を書いたのですが、意外とアク

記事を読む

ここが変だよMQL5

MT5を久しぶりにちょっといじってみたので、所見(愚痴)を書かせてください。 ここが変だよMQ

記事を読む

第24回:iCustomでインジケータをEA化する

インジケータとiCustom 今回はインジケーターのシグナルを使って、EAを作ります。 iC

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

APIを使ったアルトコインの自動アービトラージ

国内の取引所ではAPI取引でビットコイン以外をトレードできないため、ア

→もっと見る

PAGE TOP ↑