*

第6回:オーダーに条件をつける IF文

公開日: : FX自動売買開発 , , , ,

ここではオーダーを送信する前に条件文を挿入します。

条件の書き方

前回までには、「新規ポジションの送信」、「コンパイル」、「EAの生成」を行いました。

ただ、前回のままでは、短時間に大量のポジションを持ってしまいまいます。

今回は特定の条件が満たされたときのみに新規ポジションを取るようにします。
この条件というのにも様々な書き方がありますが、基本的にはIF文を使います。

IF文

IF文はif()でくくった()の中身が正しい場合には、
{}で囲った処理を行います。

{}を省くこともできるのですが、後々面倒になるので
{}で囲むようにしましょう。

※{}が対応してないことによるエラーは探すのが大変なので、
対応もわかりやすいように記述しましょう。

簡単な例では、

と書くと、
2>3が満たされないのでif文の中は処理されません。

また、
IF文はIF文の中に記述することもできます。(ネスト)

これはどちらも満たされるので、OrderSendが実行されます。

時刻の関数を使った条件文

MQLには時刻系の関数がたくさんあります。

その一部を紹介します。

これを先ほどのIF文と組み合わせて、

のように書くと、
10日の6時30分にオーダーを送信するコードが出来上がります。

※実際にはもっとスマートに記述できます。

ここで注意したいのはDayではなく、
Day()と必ず()をつけなければならないということと、
イコールを表すときには=ではなく、==であるということです。

Dayは変数ではなく関数なので、
()をつけなければならないのですが、

これは1つ1つバラバラなので、
そういうものだと覚えてしまいましょう。

このコメントはWEBに公開されるので、問い合わせ等はメールでお願いします。

関連記事

第19回:for文で回す

MQLのfor文 プログラミングでは同じような処理を何回もしなければならないことがあります。

記事を読む

第25回:EAに指値注文、逆指値注文でエントリーさせる

EAに指値注文、逆指値注文でエントリーさせる記述 これまでには決済で指値注文、逆指値注文をしてきま

記事を読む

第14回:MarketInfoでスプレッドを取得する

MarketInfoという情報屋 MQLではスプレッド、口座通貨、ストップレベルなどを取得する際に

記事を読む

第0回:プログラミングの基本ルールと心が折れないための心得

プログラミングにはどの言語にも基本的に共通したルールがあります。 ルール1 入力は半角英数字

記事を読む

MQLxPHP サーバを経由するコピートレードツールを作る1

以前、DLLなしで動くコピートレードツールを連載しましたが、 今回はサーバを経由するコピートレード

記事を読む

 
  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

APIを使ったアルトコインの自動アービトラージ

国内の取引所ではAPI取引でビットコイン以外をトレードできないため、ア

→もっと見る

PAGE TOP ↑