*

汎用性の高いMT4をダウンロードする

オススメのMT4のダウンロードページはこちら

基本的にどの会社のMT4を使っても操作方法や仕様などは変わりませんが、ブローカーによって参照できる通貨ペアが大きく異なります。

特に国内の会社のMT4の場合、外国為替のチャートしか見れないため、海外の相場や日経のチャートを見ながらトレードするということができません。

いくつかのEAでは先物のチャートデータをトレードロジックに組み入れているものもあるため、外国為替のチャートしか見れないというだけで、そのEAが利用できないという可能性も出てきます。

大元サイトからデータのダウンロードを

MT4のソフトデータは様々なサイトからダウンロードできますが、大元の会社以外の個人サイトからダウンロードするのは少し危険です。

純粋なMT4ではなく、何か細工されたMT4をダウンロードしてしまう可能性があります。古いバージョンのMT4を利用したい場合などを除き、個人サイトなどからMT4をダウンロードするのは避けましょう。

オススメのMT4

logoifc
ロゴをクリックするとページが開きます。
IFCのMT4は取引対象が豊富です。CFDや金・銀などのチャートも見れます。ライブ口座なら利率はそれほどよくありませんが、取引をしなくても預けた資産の金利がもらえるのでオススメです。


公開日:

  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その6

■メールサーバーの設置 ■AWSにメール用のポート開放の申請

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その5

■■FTPサーバーを入れる■■ AWSではちょっと特殊な作業が必要で

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その4

■■SSHでサーバに入る■■ いよいよサーバーに入ります。ここからの

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その3

■■SSLで接続できるようにする■■ 昨今ではいろいろな理由からSS

AWSでWebサーバ構築 (EC2xUbuntu) その2

■(オプション)Elastic Beanstalk(インスタンスの自動

→もっと見る

PAGE TOP ↑