*

「 株式自動売買開発 」 一覧

TradeStation 株のシストレ開発19 ポジション関数

今回は、保有しているポジションの処理をする関数を見ていきます。 アルファベット順にソートされた口座ポジションのリストにおけるポジション位置番号に関連付けられた銘柄を特定します。こ

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発18 リペイントの話

MetaTraderではインジケータのEA化をすることがよくありますが、 その際にリペイントがあると結構問題になります。 リペイントとは一度シグナルを出した後に、そのシグナルを修正したり、消し

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発17 メール通知設定

TradeStationにもメール通知設定があります。 メール通知はAlertの一種という扱いで、Mail関数があるわけではありません。 アラートのプロパティから設定できます。 コード上

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発16 インジケータのコード上でプロパティ設定

EasyLanguageのインジケータの線の太さや色などのプロパティは 基本的にはプロパティ画面で設定します。 しかし、MQLのようにソースコード上での指定も可能です。 ソースコ

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発15 複数銘柄を自動監視する

株のデイトレと言ったら、たくさんのチャートを並べて常時それを監視しているイメージです。 映画やドラマでよくあるシーンですが、FXやスイングの場合あまりそういうことをするメリットはありません。

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発14 ファイル関数

TradeStationにもファイル関数は一応ありますが、 あまり使い勝手は良くないみたいです。 Print ステートメントから指定したファイルに情報を送信できます。

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発13 オーダーの文法

EasyLanguageにはオーダーが4種類あります。 Buy: 新規買い。ポジションを保持していない場合、新規で買いポジションを建 てます。売りポジションを保持している場合、ドテンして買いポ

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発12 TicksとVolumeの違い

FXの場合、ティックとボリュームはほぼ同義語ですが、 株の場合はちょっと違います。 Volume アップティックで取引された出来高 Ticks 合計出来高 UpTicks アップティ

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発11 時系列系予約語

自動売買ソフトを開発する上で重要なものとして、 時系列系の予約語の把握があります。 今回はその予約語を紹介します。 使用しているコンピュータの時間に対応する EasyLang

続きを見る

TradeStationで見せ板したらどうなるの?

株の世界では変なお約束事があって、 「個人投資家が手動で見せ板をすると怒られる(逮捕される)が、 機関投資家がアルゴで見せ板をしてもお咎めなし」 という謎ルールがあります。 見せ板

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発10 メソッド

EasyLanguageでは、一応メソッドが使えます。 メソッドとは、かんたんに言うと関数みたいなものです。 (厳密には微妙に違う) メソッドに関しては特にクセはなく、

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発9 配列、多次元配列

「for文が使えるということはすなはち、配列が使えるということ。」 この二つは切っても切り離せない関係だと思います。 ちなみにwhile文、switch文、try文も使えるみたいです。 (t

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発8 EasyLanguageの文法

外国語を学ぶときって、文法ー>例文の順番で学習することが多いですが、 基本的な日常文であればあるほど、例外や省略ばかりで、 「先に例文を覚えた方が早いんじゃないか」と思うことがあります。 と

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発7 パーフェクトオーダーを作る

今回は久々にプログラミングを触ります。 TradeStationはデフォルトで結構なインジケータとストラテジーが内蔵されているため、 デフォルトで搭載されていないテクニカルを探す方が大変だったりし

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発6 スクリーニング/マルチチャート

今回はまたまた操作方法で、プログラミングは扱いません。 銘柄のスクリーニングとマルチチャートの仕方を紹介します。 株の場合銘柄選びが重要なファクターになってくるので、 スクリーニング作業は必

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発5 最適化

前回はストラテジーのソースコードを見たので、今回は最適化の操作を行います。 MetaTraderの最適化とノリは全く同じです。 「最適化って何?」という人のためにかんたんに説明すると、 例え

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発4 ストラテジーのコード

今回は前回の最後にテストした移動平均線のクロスのストラテジーの プログラミングを見ていきたいと思います。 思っていたより短いですね。 これがすべてのソースコードです。

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発3 バックテスト

今回はTradeStationでシステムトレードのバックテストをしてみます。 TradeStationの「挿入」から「ストラテジーを挿入」を選択します。 デフォルトでたくさんのスト

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発2 EasyLanguage

今回は開発言語であるEasyLanguageを触ります。 TradeStationの「表示」から「EasyLanguage開発環境」を選択すると、 下記のようなウィンドウが開きます。

続きを見る

TradeStation 株のシストレ開発1導入

TradeStationはMetaTraderほど有名ではないので、意外と情報そのものがまだ表に出ていなかったりします。 ("TradeStation"検索結果:1,390,000  "MetaTr

続きを見る

株の自動売買、始めます

今までは基本的にMT4、MT5に頼ってFXやCFDの自動売買をするのがメインだったわけですが、 今後はプラットフォームに依存しない自動売買をやっていこうかと思います。 仮想通貨はAPIとPHP

続きを見る

  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bi

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑