*

「 月別アーカイブ:2017年05月 」 一覧

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その⑧ラスト

意外と長い記事になってしまいましたが、今回でコピーツールの開発は終了です。 最後のソフトだけ欲しい方はこのページのソースコードを使えばOKです。 仕様 ・DLL、外部ソフトは必要なし

続きを見る

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その⑦

前回は、コピー先でエントリーするところまで行ったので、今回は決済処理をします。 決済は「ファイル関数から取得した文字列に既定のトレード情報がなくなったら」決済とします。 感の良い方はお気づきだ

続きを見る

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その⑥

前回は「”過去に”コピー元のトレードを持っていたか調べる関数」と「"現在"コピー元のトレードを持っているか調べる関数」を作りました。 今回はまず、それらの組み合わせ4パターンを考えます。

続きを見る

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その⑤

今回は取得したコピー元のトレード情報を、現在のトレード状態と照らし合わせる作業をします。 想定されるバグとして、何度も同じポジションを取ったり決済したり繰り返すというものがあります。

続きを見る

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その④

前回はコピー元のコードを書きました。(先頭の変数の宣言が含まれていないので、コピペしてもまた動かない状態です。) 今回はコピー先のコードに入ります。 コピー先にまずやらなくてはならない

続きを見る

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その③

まずは、コピー元のプログラムを作ります。トレードを受信する側よりもかなり簡単です。 コピー先に送る情報として必要なのは、通貨ペア、売り買いの方向、オーダーを識別するためのチケットナンバーです。

続きを見る

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その②

コピーツールを作る前に、MT4の仕様上の話をしなくてはなりません。 複数のMT4業者を利用したことがある方はご存じかと思いますが、業者によって通貨ペアの名称が若干違います。 ある業者では、

続きを見る

【MQL4】外部ソフトなしで稼働するコピートレードツールを作る。その①

MT4で自動売買ソフトを稼働させるトレーダーには、ときとしてトレードを別のMT4にコピーしたい場合があります。 例えば、デモ口座でしか稼働しないトライアル版のEAや、口座番号に制限がかかっている

続きを見る

【自動売買成績】+24806円 2017年4月 月間成績

2017.04.28 12:16:45 EURUSD Sell 1.09459 2017.04.28 12:22:38 800 2017.04.28 12:12:44 EURUSD Sell 1.0

続きを見る

  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    "FX"の自動売買システムに興味がある方はinfo@aiforex.infoにご連絡ください。
    担当の方が対応します

    トレード成績はこのブログに掲載しています。


    株、仮想通貨、それ以外の私に対するご連絡は
    infoあっとfxantenna.com
    まで

ビットコイン自動売買システムの作り方 一覧

今ならAPIの仕様の改良により、 CoinCheck、ZAIF、bi

ライトコインLTCのアービトラージ取引結果 binance vs poloniex

今回はライトコインのアービトラージ結果です。 最初はレート差1USD

仮想通貨アービトラージに取引所間の送金は必ずしも必要ではない

ここまで話を進めてきていまさら~な感じもするのですが、そもそものところ

BCH(ビットコインキャッシュ)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

今回はビットコインキャッシュのアービトラージの取引結果です。

ETH(イーサリアム)のアービトラージの取引結果(Binance vs Poloniex)

前回まででアルトコインのアービトラージの作り方や背景について説明しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑