*

「 月別アーカイブ:2015年03月 」 一覧

第19回:for文で回す

MQLのfor文 プログラミングでは同じような処理を何回もしなければならないことがあります。 例えば前回のような の処理が100や1000などになると記述も変更も大変です。 for

続きを見る

【自動売買成績】+28000円2015.03.24~2015.03.27

2015/03/28 | トレード成績

2015.03.27 00:26 Buy EURCAD 1.35691 2015.03.27 01:00 1.35788 4290 2015.03.27 00:10 Sell GBPUSD 1.48

続きを見る

第18回:配列で変数をまとめる

MQLの配列 MQLでティックチャートを使うとします。 MQLでは過去のティックチャートのデータは保存されていないので、 直近のレートを変数に保存しておく必要があります。 上記のよ

続きを見る

【自動売買成績】-5280円2015.03.18~2015.03.24

2015/03/25 | トレード成績

2015.03.24 00:10 Sell USDCAD 1.25192 2015.03.24 01:24 1.25124 2970 2015.03.24 00:07 Buy EURGBP 0.73

続きを見る

第17回:OrderSelectでポジションの情報を取得する

ポジションの情報を取得する 今回はすでに持っているポジション、オーダーした複数のポジションの情報を取得します。 ポジションの情報を取得するには、 どのポジションに対して情報を要求するのか宣

続きを見る

第16回:EA内で日本時間を作る

サーバー時刻のEAの演算を日本時刻にする MT4の時刻は多くの場合日本時間ではなく、 サーバーが置いてある時刻になっています。 そのため、雇用統計の時間をEAに認識させるためには時刻の修正を

続きを見る

【自動売買成績】+86330円 2015.03.11~2015.03.18

2015/03/19 | トレード成績

2015.03.18 00:47 Sell GBPUSD 1.47529 2015.03.18 00:50 1.47443 4870 2015.03.18 00:40 Sell GBPUSD 1.4

続きを見る

【自動売買成績】-1480円 2015.03.05~2015.03.12

2015/03/13 | トレード成績

2015.03.12 00:13 Sell USDJPY 121.486 2015.03.12 01:20 121.428 2720 2015.03.12 00:20 Buy GBPUSD 1.49

続きを見る

第15回:OrderModifyで損切り、利確注文を出す

SL,TPをEAから送信する ここでは ポジション取得時に損切りと利確を同時に送信するMQLプログラミングを行います。 前回までのOrderSendの中に損切りと利確を入力する項目がありまし

続きを見る

【自動売買成績】+4330円 2015.03.02~2015.03.05

2015/03/06 | トレード成績

2015.03.05 23:55 Buy GBPCHF 1.48396 2015.03.06 00:23 1.48489 5190 2015.03.05 23:32 Sell GBPUSD 1.52

続きを見る

【自動売買成績】+13400円 2015.02.25~2015.03.02

2015/03/03 | トレード成績

2015.03.02 23:49 Buy GBPUSD 1.53623 2015.03.03 00:16 1.53659 1930 2015.03.02 23:00 Buy EURCAD 1.401

続きを見る

第14回:MarketInfoでスプレッドを取得する

MarketInfoという情報屋 MQLではスプレッド、口座通貨、ストップレベルなどを取得する際に MarketInfo という関数を使います。 このように書くとその通貨ペアのスプレッ

続きを見る

  • ブログ管理人の横瀬兼元(ペンネーム)です。

    各トピックに対するコメントは各記事のコメント欄にお願いします。それ以外のご質問、ご相談などは
    infoあっとfxantenna.com
    まで
    私の偽物がいるらしいので偽物にご注意ください。
no image
ストップレベル=0はストップレベルがないことではない

MT4/MT5では予約注文を行う際にストップレベルというものがあります

no image
私の偽物、偽ブログにご注意ください

読者の方からご連絡いただいたのですが、私のブログの内容をそのままコピー

no image
サービス展開向けの仮想通貨自動売買システムを作るには

前置き ビットコイン、仮想通貨の自動売買を作る目的として、通常は個人

一回の演算で複数のリクエストを送る 仮想通貨の自動売買⑪

公開:2017/9/4 基本的にjson形式でAPIをたたく場合

コインチェックAPIで信用取引 仮想通貨の自動売買⑩

公開:2017/9/4 これまではAPIで現物取引を扱ってきまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑